INTERVIEW IEISMIEISMの家・S様

笑顔いっぱいのおうちに幸せが舞い降りました

旧家屋で育ち、新しい家というものに憧れ続けていた奥様が選んだのは、オプトホーム。以前からMamanの家がかわいいと思っていた奥様と、オプトホームのショールームへ行き「かっこいいしオシャレだな」と思ったご主人が決めたのは、ナチュラルでスタイリッシュな「IEISM」でした。 広々とした庭を望めるウッドデッキを開放すると飛び込んでくるのは、背面タイルのキッチンに斜めにはられた板のカウンター。この存在が主張するわけでもなく、じょうずに空間に調和しています。「リサイクルショップで見つけたタイルをどうしても使いたくてお願いしたのですが、個数が足りず泣く泣く断念しそうになりかけたところ、似た雰囲気のタイルをオプトさんが見つけてくれたんです!」。さらに、「作業台にと思っていたのですが、背面にもってくる提案をいただいたときは半信半疑でした。でも大正解。」と、今は大のお気に入り空間になりました。ご主人のこだわりの斜めにはられた板もカウンターだけに留まらずリビングにも施し、ちょっぴりアメリカナイズされた作りに。

そんな2人がはぐくむS邸では、亜瑚ちゃんと庸くんがクルクルよく笑います。「スタッフの方達に本当によくしてもらって感謝しています。子ども達はショールームに行く時、まるでお友達の家に行くように大喜びしていたんです」。フランクに接してくれるので言いづらいことや、無理なお願いも言える雰囲気があるのもオプトの特権。「無理なこともダメとは言わず、なるべく近づけてくれる。家を建てた友達からメーカーさんに無理と言われてやりたいことを諦めたなんて話を聞くと、オプトさんならそんなことないのにな…と心の中で思っていました。」

まだまだまだ、亜瑚ちゃんも庸くんも小さいから生活感があるのは仕方ないこと。でも、2人が外の世界に飛び出した時「主人と2人でもう少し自分たちらしさを出したい」と早くも未来に想いを巡らす奥様と、隣でニコニコ笑いながら「笑顔が絶えない、笑い過ぎてお腹がねじれるほどの毎日を送るのが我が家のモットー」と言うご主人。オーク材の床にペタンと座り、絵本を広げる亜瑚ちゃんと庸くんに差し込む冬の陽だまりがぽかぽかと、まるでS様家のよう。この先ずっと幾年も…S邸のお家づくりはまだまだ終わりそうにありません。

  • 野球をするご主人が帰宅後お風呂へ直行できるようにと家事以外でも考えられた動線に、収納をいくつも設け保管にはことかきません。

  • こだわりの斜めにはられた板は大工さんが一枚一枚はり合わせていった匠の技。

  • じっくりじっくり1年半。打ち合わせを重ね「あのとき」見た理想の家に近づいたでしょうか。

  • 広いお庭で思う存分遊ぶ2人の姿がいつもあります。亜瑚(あこ)ちゃん(小1)と庸(よう)くん(年少)。

pagetop