INTERVIEW MamanMamanの家・M様

この家は、大好きなものが詰まった『大きな箱』

長い年月が刻まれた古道具。 ひとつひと の表情を大切にした暮らし「小さい頃から"したいことのひとつに、『家を持つこと』があったんです」と話すのは、内心Mamanの家を建てたいと思っていた奥様。郵便受けに入るオプトのチラシを取り溜めいつかはこの家を建てると心に誓っていたそうです。一方のご主人は、年老いて夫婦2人になった時一軒家だと広すぎるし」と、マンション派でした。

2人の転機は、見学に行ったMamanの家を見たあの日。「奥さんが家を建てたいことも知っていましたし、何より彼女が大好き僕めていたアンティークの家具や小物が、かっこいい中にやわらかいその家にぴったりで。こういう雰囲気で建てられるのなら家を持とう!となったんです」。見学に行く以前は、平屋の家を持ちたいと思っていた奥様でしたが、「この家がいい!と、描いていた家はどうでもよくなっていました(笑)」。 そして2人、山梨にいよう、定住しよう、家を建てようとなりました。もちろん「ここにいるって決めたのは、オプトさんがいたからなんです」。 アンティークのインテリアに合うように施された黄味を帯びた漆喰。キッチンを隔て電化製品を見せないようにしたスペース。大好きなカフェを真似たカウンター。溢れすぎた靴をコレクションの ように収納できるシューズクローク。幅までこだわったニッチ。奥様の趣味の部屋とご主人の書斎のプライベート空間。

どこを切り取っても、M邸のこだわりが詰め込まれた空間になくてはならないもの、それは、ぬくもりが感じられる古道具の数々。大切に使われ、長い時間をかけて現れた質感や表情を上手に調和させて、M様らしい生活に落とし込んでいます。最初からオプトホームで家を建てると決めてはいたものの、奥様は自分のこだわりを理解してくれるのか?頭の中の空想の世界をどう伝えられるか?どう表現してくれるのか?プランが出来上がっていただけに不安もあったはず。しかし「対応してくれたスタッフの方が、とても好印象で、この会社にお任せしよう」と感じたと言います。 こうして完成された宝箱のようなおうちでの生活は、早いもので3年を迎えました。その3年の間には敢太くんも生まれ、ご夫婦の大切なものがまたひとつ増えました。この先さらに、大好きなものに囲まれ、古道具と一緒にM家も長い長い年月をかけて幸せの物語をつくっていくことでしょう。

  • オプトホームとともに「らしさ」を追求したおうち。「私の希望を説明しなくても理解してくれた完成も“オプトさんで良かった”と思うことのひとつです」

  • ご主人が唯一こだわったことは「壁一面本棚」

  • 今の時代と昔の時代の良いもののバランスが丁度良く馴染んでいます

  • 家の間では蛍が飛ぶ恵まれた環境で子育てを楽しむMさん一家

pagetop