建築家と建てる家 OPT HOME x design casa

INTERVIEW FLATFLAT HOUSE・S様

平屋にいっぱい夢と希望を詰め込んで…

やんちゃな男の子が2人。動き回る子どもたちをあたたかい目で見守るパパとママ。それがS様邸の日常。
「子どもが生まれてから、マイホームがほしいと考え始めました。いくつかのモデルハウスを回ってみたけれど、納得がいく家がありませんでした」と、ご主人が教えてくれました。そんなとき舞い込んできたオプトタイムズのチラシ。2人はそこにある家に釘付けになってしまったのです。
「デザイン性が高く、さまざまな場所に使われている木材があたたかくて。この家いいねと主人と意気投合したんです」と奥様。早速、見学に行き、外観も気に入り、「平屋がいい!平屋にしよう」と、フラットハウスの虜になったそうです。
こうしてやんちゃな男の子が2人いるフラットハウスが出来上がりました。

「こだわりゆえに、打ち合わせは時間をかけ、私たちの想いを聞いていただきました」というように、S様邸には、こだわりがたくさん詰まっています。平屋という外観はもちろん、裸足で気持ちの良いヘリンボーンの床材、平屋ならではの長い廊下などなど。特に奥様が時間をかけたキッチンは、色味の違う木材を使用し強弱をつけ引き締めた、スパイスが効いた空間になりました。
「以前住んでいた賃貸では、壁にピンを1つ刺すこともためらっていました。そういう小さなことも気がかりで神経を使ってしまったのですが、今は〝好きなものを好きなところにできる〞という感覚が心地よいです」と奥様が言えば、「アウトドアが好きで、自転車に乗っています。自分の趣味の空間と家族で戯れられる空間の線引きができるところも気に入っています」とご主人。

夫婦2人の好きなモノやこだわりが溢れ出しているS様邸では最近のマイブーム「昆虫採集」をしながら、ウッドデッキでおやつを食べたり、庭で水遊びしたり、リビングでゴロゴロしたり工作したりできることが、何よりの幸せと笑います。
「今はまだ子ども達が小さいのでガマンですが、お気に入りの家具やグリーンがある暮らしをしていきたいですね」。
「いつの日か、もう少し2人が成長したら家族人それぞれが好きなモノ、こだわりを持って楽しく過ごしていきたいです。」と、2人の夢はまだまだ膨らんでいきそうです。

  • おおらかで自然な雰囲気のご夫婦。二人の好きなモノやこだわりがしっかりしています。

  • 今はまだ子どもが小さいですが、いずれは家族4人それぞれが好きなモノ、こだわりを持って楽しく過ごしていきたいと話します。

  • こだわりにこだわり、打ち合わせも相当時間がかかりました。スタッフのみなさんにはご迷惑をおかけしましたが、私たちの想いをカタチにしてくれました。

  • リビング床はこだわりのヘリンボーン張り。

pagetop