QUALITY & SUPPORT品質とサポート

OPTの家は「資産価値になる家」

いつまでも変わらないデザイン + 中身は
最先端の技術を搭載。
また、大家構造を採用し、
耐火性にも強く火災時の安全も高い構造です。

私たちが大切にしている10のこと

POINT1地盤・基礎にこだわるベタ基礎

地盤調査全棟実施

まずは地盤調査。
最新のスウェーデン式サウンディング試験で、お家を支える地盤の強度を調べます。

改良工事

地盤調査の結果から軟弱地盤の深さに合わせて地盤改良を実施します。あなたの大切なお住まいを足元からしっかり守ります。

基礎

見えないところから、しっかり造る建物の強さを発揮するため、基礎にもこだわります 。

地震や台風などの外力に抜群の強さを発揮するオプトホーム。その強固な構造体をしっかりと支える「強さ」の基礎となる基礎工事には、 徹底的に力を注いでいます。また基礎パッキンによる優れた換気性能が湿気を排除、基礎と建物の劣化を防ぎます。

  • 基礎立ち上がり部分から床下全面にまで配筋を施し、厚さ170mmの土間コンクリートを打つベタ基礎を標準としています。
  • 土台を支える外周部の基礎立ち上がりは、幅150mmとしています。

2×4パワーフレーム工法のベタ基礎構造拡大基礎パッキンの上に防腐・防蟻処理済の土台をアンカーボルトでしっかり固定していきます。

POINT2防腐にこだわる

入念な防腐・防蟻処理

木材の腐朽やシロアリによる被害を防ぐため、構造材の主要部に防腐・防蟻処理を実施。防腐・防蟻剤は、非有機リン系の人体に安全な薬剤を使用しています。

  • 土台と1階の床根太には、インサイジング加工※1と薬剤の加圧注入を行ったものを使用。
  • 外壁は1階床面から1mの範囲に薬剤を吹付けます。

薬剤の浸透をよくするために木材の表面に人工的な薬剤注入口を設ける加工。防腐・防蟻剤の均一な浸透層を作ります。

POINT3耐震にこだわる2×4 パワーフレーム

地震や災害
に強い

オプトホームは地震に強い2×4工法を採用。

なおかつ、安心な耐震等級3相当を当社基準に設定してプランのご提案をさせていただいております。過去の実績データを見ても弊社の住宅は直下率60~80%で設計しております。オプトホームの住宅は高い耐震性をクリアしております。
※プランによっては異なる場合があります。

地震に強い「6面体モノコック構造」

6面体モノコック構造

柱ではなく、耐力性を備えた強い「壁」で建物を支える

6面体モノコック構造

外力を面でとらえて、
吸収・分散する。

軸組構造(従来工法)

柱で建物を支えるため外力が、
梁と柱の接合部に集中する。

外力を面でとらえて揺れを制御

地震国日本の住宅に求められる最も重要な性能が、強固な躯体構造による優れた耐震性能です。
オプトホームは、一般的な従来工法に比べ優れた耐震性を発揮する【6面体モノコック構造】を採用。
家全体を4面の壁(垂直面)と床・天井(水平面)で構成する枠組壁工法により地震や台風など外部からの力を一点に集中することなく、面全体でバランスよく吸収・分散させることで、揺れや衝撃に対して抜群の強度を発揮します。

モノコック構造(一体構造)

極限の強度が求められる物へ採用されています。

大震災にみる優れた耐震性能

(社)日本ツーバイフォー建築協会で実物大の3階建てによる三次元振動実験を実施。阪神・淡路大震災クラスの3回の揺れに対して、ほとんど損傷がない高い安全性が確認されました。また、阪神・淡路大震災、新潟中越地震、東日本大震災の被害状況をみても地震の揺れによる全壊は0棟と、耐震性の高さが報告されています。

【日本ツーバイフォー建築協会による実験】

※出典:日本ツーバイフォー建築協会
 建築試験センター[(独)土木研究所施設]2006年P O

POINT4耐風にこだわる

接合金属

強い風の影響を受けやすい屋根の垂木と構造壁の接合部分には【ハリケーンタイ】と呼ばれる吹き上げ防止金属を使用。
防錆処理の施されたこの金属は一ヶ所あたり約3.38KN(345kg)まで耐え、強風から住まいを守ります。

6面体モノコック工法の屋根は、全体が一面の構造体となっており、軒下からの吹き上げ風が屋根裏に侵入しにくい構造となっています。

特殊クギ

在来工法のクギに比べ約20%太く、約1.8倍の強度を持つ特殊クギを用途に合わせて使用。
クギ打ちピッチに厳しい基準を設け、精度の高い施工を実現することで安定した強度を確保します。

木質系の接合用のクギの種類例。打ち込んだ後でもクギ頭の色で 「適切な施工」を確認することができます。

POINT5耐火性にこだわるファイヤーストップ構造

2×4工法は壁構造という特性上、建物の密閉性が非常に高く、内部で火災が発生しても炎が室外に出にくいため、圧倒的に安全性が高くなります。また2×4工法が火災に強い理由として、ファイヤーストップ材の存在があります。
ファイヤーストップ材は壁の中に炎が入っても、火災の通り道を塞ぐシャッターの役割を担い、火を閉じ込めてしまいます。
各階の壁には下枠材や上枠材と呼ばれる構造材が水平に必ず設けられており、これらの水平材が防火シャッターとして機能しています。

POINT6断熱にこだわる吹付断熱魔法瓶の家

水から生まれた環境にやさしい断熱材

アクアフォームは、硬質ウレタンフォームの特製を生かし水を使って発泡させる断熱材です。 これにより断熱材としての性能を長期的に維持できるうえ、水を主原料にした炭酸ガスを発泡材として利用することで、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発されました。

高気密・高断熱化で、温環境のバリアフリー
家中どこでも快適空間

アクアフォームの高度な断熱・気密化により、外気との無駄な熱交換がなくなり、温度差の少ない快適な空間をご提供します。

優れた機密性を発揮

「アクアフォームは住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹付発砲による断熱工事です。」無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームはグラスウール10kgの1.5倍の断熱効果を発揮します。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を侵入させにくいため、躯体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

魔法瓶のように保温

優れた気密性が可能にする「お家の魔法瓶」基礎部分からしっかりと施工するため、室内と外壁をしっかりと分離。そのため、室内の環境は、外気の影響をほとんど受けないため、まるで「魔法瓶」のような、夏はすずしく冬はあたたかい快適な暮らしを可能にします。

冬のキッチン

しっかり断熱すると、暖房も効率よく効きます。暖房をしていない廊下や、トイレなども暖かくなります。早朝のキッチンも寒くありません。

改良工事

肌を露出する脱衣所で血圧が上がり、浴槽に入ると一気に血圧が下がるため体への負担が掛かり突然死の要因に。アクアフォームによる断熱は、こうしたヒートショックへの対策にもなります。

ZEHクリア!

オプトホームはZEH【強化外皮基準】に
対応しています。

zehZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナスゼロにする住宅を指します。

BELS ベルス

オプトホームはBELSに対応しています。

zehBELS(建築物省エネルギー性表示制度)とは建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)に基づく第三者認証制度の1つ。
※モデルハウスにて省エネ表示制度の最高評価の5つ星を頂きました。BELSで省エネ性能を表示しております。※設備機器の選択により異なる場合があります。

POINT7窓にこだわる高性能樹脂窓

高い断熱性能で、夏涼しく、冬暖かい、高性能樹脂窓

アルミと比較して熱を伝えにくい樹脂製のフレーム、窓ガラスにはLow-Eコーティングが施されたペア(複合)ガラスを採用しています。樹脂の特徴は、まず熱伝導率が低いということ。
熱を伝えやすいアルミに比べ、熱伝導率が1000分の1という優れた断熱性によって、結露が生じにくく、カビやダニの発生を防ぎます。また、塩害にも強く劣化しにくいためメンテナンスが楽なのも魅力のひとつです。

POINT8塗り壁にこだわる

家塗りにこだわって
外壁の仕上げに「Sto工法」
(スト工法)を取り入れています。

約180年前の1835年ドイツにて創立。外壁材の中でスタッコ材の草分け的存在。
現在ではアメリカを中心に40余りの工場が稼働し、以来ヨーロッパをはじめアメリカやアジア諸国などの50カ国以上で使用されている世界のトップブランドです。

高い断熱性能で、夏涼しく、冬暖かい、高性能樹脂窓

●一般的な窯業系サイディングの場合

一般的な窯業系サイディングは早い場合であれば5年前後。遅くても10年経過すればほとんどの場合で傷みだします。

コーキングを放置して雨水が侵入した壁内の様子です。

オプトホームの外壁にはStoという塗り壁を採用しています。これはなんと、雨で汚れが落ちるのでいつまでもきれいな状態を保ちます。また、ひび割れもしにくい代物です。
塗り壁として申し分ないものを使用していますが、そもそもなぜサイディングではなく、塗り壁なのか?その理由はコスト面にもあります。サイディングの中にはメンテナンスフリーといったように20年30年とメーカー保証が付いたものもありますし、Stoと同じように雨で汚れを落とす優れたものもありますが、サイディング同士の継ぎ目の部分、ここにお金がかかるんです。
ここにはコーキングという充填材を打ちます。これは、7年に1回のペースで打ち変えをしないといけません。それにその際は足場を組む必要もあります。なので足場代もかかります。大体50万円ほど。塗り壁ならメンテナンスコストを抑えることができるのです。

POINT9保証10年保証

オプトホームは、住まいを守るために住宅品確法(住宅品質確保推進法)にもとづいた基本構造部分の「長期10年保証」、
さらに独自の10年の保証がプラスされます。

新築住宅の検査と保証(JIO日本住宅保証検査機構)

❶地盤調査  ❷4回の建物検査  ❸検査報告書  ➍10年の瑕疵保証サポート

保証対象となる基本構造部分報告

品格法に基づき定められた、構造耐力上主要な部分及び雨水の侵入を防止する部分に関する瑕疵担保責任の範囲が対象となります。

報告JIO'S

仕事で忙しい方や建築現場になかなか足を運べない方に、より安心していただくために、JIOで行っている建築現場の検査写真や工程写真をWEBで見ることができるシステムです。

POINT10アフターメンテナンス

オプトホームはお客様のお家が完成し、
お引渡しが完了した時点から本当のお付き合いが始まると考えております。

お引き渡しからの
定期点検サービス

アフターメンテナンス

地元山梨の会社ですので
何かあれば、
ご相談・点検に
駆け付けます

毎年点検だけでなく、何か気になる箇所や違和感などを感じた際はいつでもご相談いただければ、オプトホームの担当スタッフが点検に駆けつけます。本当の一生のお付き合いとは住まわれた後もお客様に寄り添い続けること。オプトホームは幸せな暮らしを叶えます。

pagetop