建築家と建てる家 OPT HOME x design casa

QUALITY & SUPPORT品質とサポート

見た目のデザインだけでなく
住み心地、安心も考えています。

いつまでも変わらないデザイン + 中身は最先端の技術を搭載
また、スーパーハイブリッド工法を採用し、
耐火性にも強く火災時の安全も高い構造です。

POINT1地盤保証 20年

いい家は地盤からしっかりと調査

地盤調査全棟実施

まずは地盤調査。
最新のスウェーデン式サウンディング試験で、お家を支える地盤の強度を調べます。

改良工事

地盤調査の結果から軟弱地盤の深さに合わせて地盤改良を実施します。あなたの大切なお住まいを足元からしっかり守ります。

POINT2ベタ基礎工法

優れた安定性と強度を持つ
「ベタ基礎工法」

勉強もスポーツも基礎が大切。
もちろん家も見えないところからしっかり仕事。

地震や台風などの外力に抜群の強さを発揮するオプトホーム。その強固な構造体をしっかりと⽀える「強さ」の基礎となる基礎⼯事には、 徹底的に⼒を注いでいます。また基礎パッキンによる優れた換気性能が湿気を排除、基礎と建物の劣化を防ぎます。

  • 基礎立ち上がり部分から床下全面にまで配筋を施し、厚さ170mmの土間コンクリートを打つベタ基礎を標準としています。
  • 土台を支える外周部の基礎立ち上がりは、幅150mmとしています。

スーパーハイブリッド工法のベタ基礎構造拡大
基礎パッキンの上に防腐・防蟻処理済の⼟台をアンカーボルトでしっかり固定していきます。
※基礎パッキンの図が実際と異なります。

POINT3防腐

入念な防腐・防蟻処理

木材の腐朽やシロアリによる被害を防ぐため、構造材の主要部に防腐・防蟻処理を実施。防腐・防蟻剤は、非有機リン系の人体に安全な薬剤を使用しています。

  • 家を支える土台には強度が高く、耐久性に優れたヒノキを採用。
  • 外壁は1階床面から1mの範囲に薬剤を吹付けます。

POINT4スーパーハイブリット工法

地震や台風に強い耐震性を実現!!

地震や台風に強い耐震性

「在来工法」と「2×4工法」の優れた部分を融合した「スーパーハイブリッド工法」採用。
柱、梁、土台、筋交いなどで作られ、設計自由度が高く耐久性に優れた伝統的な日本古来の工法「在来工法」と、面で外からの力を受け止め、耐震性・耐風性に優れた耐力面材を用いて作られる壁式工法「2×4工法」、この2つの工法の優れた部分をいいとこ取り。

オプトホームの「スーパーハイブリッド工法」は、力の流れを分散し、一部に集中して外力を加えることなく安定した強度が保てることで、地震の揺れに強い耐震性を生みだします。

3つのポイント

  1. 軸組と面とを組み合わせたハイブリッド構造
  2. 地震などの外力をバランスよく分散・吸収
  3. 体力面材には高強度パーティクルボードを採用

POINT5ヒノキ採用

家を支える土台と全ての柱には、強度が高く耐久性に優れるヒノキを採用

オプトホームでは家を支える土台と全ての柱には強度が高く耐久性に優れるヒノキを採用。通し柱4寸を使用しています。
日本を代表する木材の一つであるヒノキは、神社や仏閣を建てるための最高品質の木材として古くから用いられてきました。

「適材適所」

オプトホームではより丈夫なお家づくりのため、木が持つ特性を考えて、木材を使い分けています。例えば、土台と柱には強度が高く、耐久性に優れるヒノキ。
梁と桁には、高い強度を持つベイマツを採用しています。

POINT6ダイライト工法

震度7の地震に耐えるダイライト工法

耐震性向上「ダイライトMS」

ダイライトは実物大の振動実験により、阪神・淡路大震災と同じ震度7にも耐える強度を証明した地震に強い体力面材。

【耐震性を証明した実大振動実験】

【筋かいと体力面材のちがい】

POINT7全棟耐震等級3

耐震等級3をご提案

耐震等級は、地震に対する建物の強度を示す指標のひとつです。住宅の性能表示制度を定める「品確法」に沿って制定されたものです。建物の耐震性能によってランクが3段階に分かれており、その数字が大きければ大きいほど、建物の耐震性能が高いため、建物を建てたり買ったりする際の目安になります。

オプトホームでは全棟、壁量計算により耐震最高等級を実現しています。

※間取りによって耐震等級2相当のご提案になる場合もあります。
※1:「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に基づく壁量計算を全棟実施しております。住宅性能表示制度による住宅性能評価書の交付を受ける場合は別途申請費用がかかります。
※耐震等級を満たすためにプランに制約が出る場合があります。
※長期優良住宅認定を取得するには、お客様のお申し込みが必要です。申請費用はお客様負担になります。

POINT8制震ダンパーオプション

地震エネルギーを50%吸収

世界有数の地震大国である日本。オプトホームでは、優れた耐震性のスーパーハイブリッド工法を基本に、地震の揺れを制御する制震システムを標準装備しました。「耐震」と「制震」、ダブルの組み合わせが、万一の地震に抜群の強さを発揮します。

 

【揺れ始めた瞬間から効果を発揮】

Special動画を公開中

耐震ダンパーの効果がわかる
動画をご覧ください

POINT9剛床工法

地震などの横揺れ、ねじれから家を守る剛床工法

地震などによる大きな力が加わると、
建物もねじれてつぶれる事になります。

当社の剛床工法は、24㎜の構造用合板を直接梁に留め、梁と床面を一体化させ、水平剛性を高めることにより、地震や台風時に受ける床面の“横揺れ”や“ねじれ”を抑えます。
さらに家の強さをバランス良く配置するために、“重心”“剛心”を1棟1棟計算し、地震に強く安全な住宅を設計します。

POINT10省令準耐火

火災保険が安くなる 耐火構造

火災から家族を守る
『省令準耐火構造』

3つのポイント

  • 01 外部からの炎症遅延

    隣家などが火災になったときに、火をもらいにくくする。

  • 02 各室防火

    火災が発生した部屋から
    一定時間火を出さない。

  • 03 他室への延焼遅延

    万が一部屋から火が出てしまったときに、延焼を遅らせる。

省令準耐火構造の住宅は一般的な住宅に比べて火災保険料を割安に抑えられます。保険の内容によっては、半額以下になることもあります。
火災保険料の金額は建物の構造内容を基準に3種類で定められており、オプトホームのお家は「T構造」に当てはまります。
「T構造」は木造の住宅では一番耐火性能が高く、保険料が安く抑えられる構造になります。

※保険会社、保険の種類などによっては割引が受けれない場合があります。

POINT11ダブル断熱

八ヶ岳の寒さを経験に外壁側も、内壁側も断熱材を施工

オプトホームではダブル断熱を採用。
外壁側はEPS断熱材、内壁側はグラスウールを使用することで、まるで魔法瓶のようなお家を実現。室内を暖めるといつまでも暖かく、冷やすといつまでも涼しい快適な生活をお届けします。

外断熱 EPS断熱材

あの南極で40年、性能が変わらなかった長期安定の断熱材

内断熱 高性能グラスウール断熱材

ハイグレード高性能グラスウール採用
イゾベール・コンフォートは高性能グラスウールです。

ドイツ生まれの発泡プラスチック系の断熱材。高い断熱性と耐水性が魅力です。標準採用している塗り壁との相性がバッチリの断熱材です。

寒冷地や北海道などの寒い地域に置ける断熱材のスタンダード商品であり、これからの省エネ基準の適応義務化基準に最適な商品です。施工時のチクチク感を解消。植物からつくられた自然由来のバインダ(結合剤)を使用した製品で、においがほとんどなく、ホルムアルデヒドを含む原料を使用していません。

POINT12気密シート

一般的なシートの
10倍の防湿気密シート

断熱効果の永続化「防湿気密シート」

防湿気密シートの軟らかな素材により、重ね合わせ目が効果を発揮。気密性を確保し、断熱材の効果を高めてくれます。また、防湿性能に劣る吹付け断熱材の弱点をカバーすることで、永続的に高い断熱性能と気密性能を保ってくれます。

気密測定実施

オプトホームでは気密測定をオプションで行うことが出来ます。

家の気密性の高さは、快適性を支える大切な要素です。気密性が低い家には隙間が多くあることになります。隙間の多い家では、冬は暖房をつけても、暖かい空気が外に漏れ、外から冷たい空気が家に流れ込んでしまいます。冬の寒い日、セーターを着てウィンドブレーカーを着ると温かい。家も同様に、断熱材(セーター)+気密性(ウィンドブレーカー)を加えることで保温性が高まります。つまり、家も気密性を高めることは、家の断熱性を高めるためにもとても重要なのです。

POINT13高性能
ハイブリットサッシ

アルミと樹脂のハイブリッド構造で、優れた断熱性能を実現

アルミと樹脂のハイブリッド構造と複合ガラスで、優れた断熱性能を実現。
更に断熱性を高めるためにガラス面積を最大化し、熱を通しやすいフレームを小さくしています。
さらに「フレームイン構造」といって、フレームと窓枠のラインを合わせることで意匠的にもすっきりとしたデザインを実現しています。

※上記内容は、LIXIL サーモスL/サーモスⅡHの場合になります。

「Low-E複層ガラス」を標準設定。ペアガラスの中にはアルゴンガスを採用

3つのポイント

  1. フレームをスリム化し、熱のロスを低減
  2. ハイブリッド構造で、フレーム高性能化
  3. 高断熱を追求し、ガスラ高性能化

POINT14HEAT+G1

すでに2030年の基準をクリアして世界レベルの断熱基準に!

国が指定するUA値(外皮平均熱貫流率)と、省エネ基準を満たした高断熱のお家づくりをしています。

BELS ベルス

オプトホームはBELSに対応しています。

BELS(建築物省エネルギー性表⽰制度)とは建築物の省エネ性能表⽰のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表⽰に関する指針)に基づく第三者認証制度の1つ。
※モデルハウスにて省エネ表⽰制度の最⾼評価の5つ星を頂きました。BELSで省エネ性能を表⽰しております。※設備機器の選択により異なる場合があります。

bels

POINT15塗り壁

汚れにくく割れにくい
塗り壁を使っています

ドイツで100年前から使われている
塗り壁世界No.1の実績

STO工法

4層構造

塗り壁施工の最大の問題は割れと言われています。Stoは壁全体を高い断熱性を持つSto専用EPSという建材と、グラスファイバーメッシュ、ベースコートで覆うことにより、割れにくい4層構造の壁を実現しています。

雨と一緒に汚れが落ちる超撥水
「ロータス効果」

ハスの葉の表面で水は水滴になり、汚れの粒を取り込みながら、簡単に表面を転がります。このため、雨が降るたびすぐに乾燥し、きれいになります。この効果を『ロータス効果』といいます。

メンテナンスを考えた
トータルコストが断然お得

初期費用は割高ですが、一般的なサイディングなど、他の壁材は定期的にメンテナンスが必要になります。Stoの塗壁は長期的にみれば、大幅にコスト削減ができるのです。

POINT16トリプルチェック10年保証

保証

オプトホームは、住まいを守るために住宅品確法(住宅品質確保推進法)にもとづいた基本構造部分の「長期10年保証」、
さらに独自の10年の保証がプラスされます。

新築住宅の検査と保証(JIO日本住宅保証検査機構)

❶地盤調査  ❷3回の建物検査  ❸検査報告書  ➍10年の瑕疵保証サポート

保証対象となる基本構造部分報告

品格法に基づき定められた、構造耐力上主要な部分及び雨水の侵入を防止する部分に関する瑕疵担保責任の範囲が対象となります。

POINT17地元50年以上

アフターメンテナンス

オプトホームはお客様のお家が完成し、
お引渡しが完了した時点から本当のお付き合いが始まると考えております。

お引き渡しからの
定期点検サービス

地元山梨の会社ですので
何かあれば、
ご相談・点検に
駆け付けます

毎年点検だけでなく、何か気になる箇所や違和感などを感じた際はいつでもご相談いただければ、オプトホームの担当スタッフが点検に駆けつけます。本当の一生のお付き合いとは住まわれた後もお客様に寄り添い続けること。
オプトホームは幸せな暮らしを叶えます。

pagetop